HOME > 栄養科について

栄養科

CIMG1349.JPG入院患者様のそれぞれの病状に応じた食事を用意し、治療効果を高める食事提供を目指しています。
食べやすさ飲み込みやすさを考慮したきざみ食や嚥下訓練食の提供、食物アレルギーに配慮した代替食の提供などの個別対応もしています。
★患者ニーズに応えるよう病棟担当管理栄養士が直接、患者さんに面会をしてお話をいたします★


配膳時間

朝食
7:45
昼食
11:45
夕食
18:00

医師の指示により病状に応じた食事を提供しています。

一般食
常食、全粥食、七分粥食、五分粥食、三分粥食、流動食
特別食
糖尿食・脂質異常症食・心臓食・高血圧食・腎臓食・肝臓食・膵臓食
胃潰瘍食・切除食・低残渣食など

患者様の状態や摂食・咀嚼能力に応じて、食べやすい食事を提供しています。

刻み食
一口大・きざみ・みじん
嚥下食
食べ物を飲み込む力が弱くなった患者様には、とろみ食、ミキサー食、ムース食を提供しています。

嚥下食の紹介

一般食提供前に、患者様の嚥下状態に応じて、嚥下食を提供しています。

栄養管理業務(栄養相談・栄養指導)

食事療法を必要とする患者さんには、管理栄養士による個別栄養相談を入院・外来患者様に実施しています。


1.糖尿病や腎臓病をはじめ、心疾患や高血圧などの循環器疾患、胃・十二指腸潰、炎症性腸疾患、消化器の手術後の食事など、ひとりひとりの病状に合わせた指導を行っています。


2.患者様の食生活をおたずねし、問題点はどこか?なぜ食事療法が必要なのか?わかりやすく説明します。


3.症状と栄養指導の効果を見ながら、繰り返し指導を行います。

月曜~土曜9時から17時(日曜・祝日をのぞく)完全予約制です。
栄養相談をご希望の方は事前に担当医にご相談ください。

栄養評価

入院される患者様全員の栄養スクリーニングを医師・看護師とともに行っています。また、個別に医療スタッフより依頼があった患者様についても今までの栄養摂取量をお伺いして必要栄養量との比較や充足するための方法などを説明させていただいております。栄養評価においては、管理栄養士単独ではなく他職種の医療スタッフと連携して患者様の状況に合わせた適正な栄養補給ができるように日々考えています。

行事食

1.png

1月 お正月

・赤飯
・初春汁
・祝い肴
・炊き合わせ
・松風焼き
・紅白酢ばす
・まんじゅう

2.png

2月 バレンタイン

・ピラフ
・コンソメスープ
・手作りハンバーグ
・バナナチョコレート

CIMG4004.JPG

3月 ひなまつり

・ちらし寿司
・清汁
・キャベツのみそマヨ和え
・ひなあられ

4.png

4月 お花見御膳

・ご飯
・清汁
・さわらの梅味噌焼き
・天ぷら
・フルーツ
・抹茶ババロア

5.png

5月 端午の節句

・茶そば
・いなり
・空也蒸し
・ミニたいやき

6.png

6月 父の日

・焼鳥丼
・清汁
・豆腐サラダ
・いちご&トマトのゼリー

7.png

7月 七夕

・押しすし
・清汁
・天ぷら盛り
・三色ゼリー

8.png

8月 バナナの日

・ケチャップピラフ
・コンソメスープ
・米ナスとチーズハンバーグ
・サラダ
・バナナパンケーキ

9.png

9月 敬老の日

・赤飯
・清汁
・鮭の西京焼き
・南禅寺蒸し
・芋ようかん

10.png

10月 ハロウィン

・チキンライス
・かぼちゃのシチュー
・ブロッコリーサラダ
・かぼちゃのババロア

CIMG6669.JPG

11月 鮭の日

・ご飯
・けんちん汁
・鮭のきのこあんかけ
・ゆかり和え
・白ごまプリン

12.png

12月 大晦日・年越しそば

・かき揚げ
・ゆかり稲荷
・みかん