看護部 病棟紹介

新館病棟 一般45床

病棟の患者様は急激な発症で来院し生命の危機にさらされ、傷病による後遺症が残るケースもあります。急性期看護に力を入れながら、入院時より医師やリハビリ、医療相談員との連携を図り、患者様やご家族の方が一番良い状態で退院ができるように努力します。入院患者様は、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、慢性硬膜下血腫、未破裂動脈瘤などの脳外科疾患が多く手術も行われるため、術前・術後の看護も行っています。
また重症肺炎、呼吸不全、心不全などで急性期に人工呼吸器管理が必要となる疾患の患者様も受け入れしています。

看護方式
チームナーシング
勤務体制
2交代 日勤7~8名 夜勤4~5名 各時間帯に看護補助者1名以上
スタッフ構成
新館スタッフは20~30歳代が多く、当院託児室利用のママさんナースたちもたくさんいます。忙しい中でもスタッフ同士助け合い協力しあっていて人間関係も良好です。

本館2階病棟 一般45床

当病棟は高齢者の一人暮らしの患者様が多く、入院時から退院を見据えた関わりをMSWとリハビリ科と協同し、ADL維持と向上を目指しています。忙しい現場ではありますがその効果もあり寝たきりになってしまう高齢者の患者さんは少なく、平均在院日数も14日程度です。患者様は20~90歳代で外科は虫垂炎、ヘルニア、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんなどで整形は胸椎・腰椎圧迫骨折、大腿骨骨折、頚椎損書、ろっ骨骨折などその他内科疾患の急性増悪で緊急入院される方など様々です

看護方式
チームナーシング
勤務体制
2交代 日勤8~10名 夜勤3~4名 各時間帯に看護補助者1名以上
スタッフ構成
20~50歳代の幅広い年齢構成です。子育て世代のスタッフも多く活躍していて、スタッフ同士で子育ての悩みを相談したりして、風通しのよい病棟です。看護師長が男性のため男性スタッフも働きやすい職場です。

メッセージ

地域密着型の救急病院なので、一般病棟は入院も多く毎日忙しい現場ですが患者様の寝たきりを防ぎ、早期に離床できるように看護していく意識がとても高く、患者様が早期に元気になる姿を見られます。外科、整形外科を中心に手術も行われているので、周術期看護にもやりがいを感じられる病棟です。

本館3階 一般23床

当病棟に入院されている患者様は、60代後半から90代の方が多いです。肺炎や胃腸炎、骨折、脳梗塞など様々な疾患の方や検査目的での短期入院の方がいらっしゃいます。入院時より退院を見据えMSWやリハビリ課と協力しながらADLの維持に努めています。

看護方式
チームナーシング
勤務体制
2交代 日勤6~8名 夜勤2名
スタッフ構成
20代から60代のスタッフが働いています。 子育て中のパパさん、ママさんナースが助け合いながら 活躍しています。 中途採用の方には丁寧に指導いたします。

メッセージ

心はHOTに!頭はCOOLに!
3H(HEAD,HEART,HAND)を大切に‼
を病棟のモットーとして患者様とかかわっています。

28年9月より 療養病棟から一般床へと変わり、心機一転スタートしました。新メンバーと共に新しい病棟つくりをしています。