しびれ・入力困難(脱力)

しびれ、入力困難は突然発症で、その範囲が半身の手足、顔面にある場合、緊急性があります。脳出血、脳梗塞を考えるべきで、CT、MRI、脳波検査も必要となります。一方、しびれ、入力困難が半身でなく、一つの手、足に限られる場合、両足の場合、原因として脊柱・脊髄疾患(椎間板ヘルニアなど)や末梢神経障害が考えられます。脊柱脊髄疾患の診断には、レントゲン、CT、MRI検査が必要です。末梢神経障害の原因は、糖尿病、アルコール、膠原病などの内科疾患が考えられます。

他に、末梢神経障害として手根管症候群が多く、手を酷使する人にみられ、糖尿病、リウマチによく合併します。また、寝た姿勢が悪く、手の神経を圧迫したためにおこる手のしびれ(橈骨神経麻痺)もあり、また足の場合、血流障害が原因のこともあります。

脳出血・脳梗塞

<症状>

突然に起こる半身の手足、顔面のしびれ、半身麻痺や言語障害をよく伴います

<診断・治療>

早期にCTMRI検査を行い、薬剤、手術治療を行います。

脊柱・脊髄疾患

<症状>

一つの手・足のしびれが多いのですが、半身のしびれの事もあります

<診断・治療>

レントゲン・CTMRI検査を行い、薬剤、理学療法、コルセット装着、手術治療があります。

手根管症候群(腱鞘炎)

手根管とは、手首にある骨と靭帯に囲まれた空間で、手指を動かす腱と神経が通過します。この手根管内に炎症がおこると神経が圧迫し手根管症候群となります。通常、親指から薬指までのしびれで、このしびれが夜間と早朝に多い特徴があります。

<原因>

  1. 手の酷使
  2. 腱鞘の肥厚をおこす糖尿病・膠原病など

<治療>

局所の安静をはかります。局所のステロイド注射も有効ですが、繰返してのステロイド注射も有効でない場合、手術で神経の圧迫除去します。