腰痛

腰の背骨(脊柱)は5つの骨(脊椎)が積み重なってできており、骨と骨が椎間板という円板状の軟骨で結合しています。円板状の椎骨板は、中央のゼリー状の髄核を線維輪が囲む構造で、背骨の上下からの衝撃を和らげるクッションの役割をしています。また、脊椎の内に手足を動かす神経の束、脊髄が通っており、脊髄を外力から守る役割を果たしています。

ぎっくり腰

重い物を持ち上げたときなどに起こる、突然の強い痛みで、体動により痛みが増強し、レントゲン、MRIで所見がない、短期間で治るものを言います。骨の異常ではなく、脊椎周囲の筋肉の炎症、関節の捻挫といった原因が考えられています。

腰部脊柱管狭窄症

加齢により変性した椎間板や変形した背骨により、神経の束(脊髄)が圧迫される状態の総称です。

腰痛は強くありませんが、歩くと足がしびれます。少し休んだり、前かがみになると、しびれが軽くなる特徴があります。

<検査>

腰のレントゲン MRI検査

<治療>

  1. 薬物治療で鎮痛
  2. コルセット装着
  3. 神経ブロックで鎮痛
  4. 運動療法、リハビリテーション
  5. 手術で神経圧迫を除去

変形性脊椎症

骨の変形が軽度であれば無症状ですが、変形が重度になると、椎間板の変性も生じ、痛みをきたし、稀に神経圧迫も起こします。

椎間板ヘルニア

椎間板は背骨と背骨の間をつなぎ、クッションの役割を果たしています。この椎間板は、中心にゼリー状の髄核があり、髄核の周りを線椎輪が囲んでいます。この髄核の一部が線椎輪を超えて出てきて、神経を圧迫して腰痛、足のしびれ、入力困難を起こします。

腰痛の一般的な対処法

  1. 原則的には、腰が痛く、熱感をもつ急性時は、安静、局所を冷やすことですが、痛みがなくなった慢性時には、運動、保温が必要となります。運動は、体を支える背骨をサポートする腹筋、背筋を鍛えることが主体で、必要に応じてコルセットを使用します。
  2. 腰痛は、椎間板ヘルニア、炎症、腫瘍が原因のこともあり、一度はレントゲン、MRI検査をすべきです。
  3. 必要に応じて、神経ブロック、手術を行います。