歩行障害

しばらく歩くと、足に痛みやしびれをおこし、すこし休むとまた歩けるようになることを、間欠性跛行といいます。たとえば、近くのスーパーに行くのに何度も休む、みんなと一緒に歩けない事などがおこります。この間欠性跛行の原因は、足の血流障害と、腰椎疾患に大別されます。足の血流障害は、動脈硬化からの血管閉塞によることが多く、これを閉塞性動脈硬化症といいます。脊椎疾患では椎間板ヘルニアなど腰部脊椎管狭窄症が原因となります。

足の血流は、手と足の血圧を同時に測定し、足の血圧が手の血圧に比べて低いことでチェックできます。腰椎疾患には、レントゲン、CTMRI検査が必要です。一方、歩幅が狭くなったり、歩行が不安定になる場合は、脳疾患で、手の震えを伴うパーキンソン病や、脳に知らない間に脳脊髄液がたまり認知症を伴う水頭症が考えられます。一度、脳神経内科、脳神経外科を受診してください。 

閉塞性動脈硬化症

足の動脈硬化で、足の血管が狭くなる病気です。

<検査>

足の血流は、手と足の血圧を同時に測る脈波検査で容易にチェックできます。脈波検査で異常があればエコー、CT、MRI検査で閉塞部位を調べます。 

<治療>

(1)糖尿病などの危険因子の除去

(2)運動療法

(3)薬物療法

(4)カテーテル治療によるステント療法、バイパス手術

腰部脊椎管狭窄症

腰の加齢による背骨の変形のため、本来脊骨に囲まれ守られている足の神経の束(脊髄)を圧迫している状態です。

足のしびれ、痛みをおこし、歩くとこの症状が悪化し、少しは休憩すると改善します。

<検査>

腰のレントゲン MRI検査

<治療>

  1. 薬物治療で鎮痛
  2. コルセット装着
  3. 神経ブロックで鎮痛
  4. 運動療法、リハビリテーション
  5. 手術で神経圧迫を除去