胸痛

胸痛の原因は、重篤な病気が多く、心臓、肺、大動脈、食道など病気があります。心臓疾患では、やはり急性心筋梗塞が重要で、突然の胸痛、その痛みは通常前胸部ですが、左肩に広がることもあります。又、痛みではなく重苦しい感じ、絞扼感と表現されたり、糖尿病、高齢者では、痛みはなく、冷汗、呼吸困難だけを訴えることも少なくありません。いずれにしても、突然の症状出現が特徴です。

肺塞栓は足にできた血栓がはがれて肺血管を詰まらせる病気で、胸痛とともに呼吸困難をおこします。また、大動脈解離は、前胸部または胸背部の突然の激しい痛みをおこします。いずれにせよ、生命をおびやかす病気で、早急な心電図、レントゲン、CT検査が必要です。

食道疾患、逆流性食道炎でも胸痛をきたし、急性心筋梗塞の症状によく似ています。

急性心筋梗塞

心臓に栄養を送る冠動脈の急激な閉塞で、心臓の筋肉の血流が途絶し、心筋が壊死する病気

<症状>

突然におこる前胸部痛 締めつけ感 圧迫感で狭心症では15分以内であるのに対し、心筋梗塞では30分以上つづきます。

痛みが、首、背中、左肩、上腹部に痛みが広がることがあります。呼吸困難、冷汗などもよくみられる症状です。

<診断>

・心電図

・血液検査

・レントゲン

・心臓超音波検査

<治療>

抗血小板剤を緊急的に内服しますが、急性心筋梗塞では、カテーテル治療が必要です。カテーテルは足のつけ根の動脈から挿入し、心臓を栄養する冠動脈までカテーテルをすすめた後、狭窄部を内側からバルーンで押し広げ、最終的に金網状の筒(ステント)を置く治療です。

手術で冠動脈にバイパスを作ることもあります。

肺塞栓症

肺動脈に血魂(血栓)がつまる病気です。

多くの場合、血栓は肺動脈自体に生じるのでなく、体の別の部位でできた血栓がはがれ血液にのって肺動脈まで運ばれ肺動脈を詰まらせる事によります。血栓ができる部位は多くは足の静脈です。長距離のバスや飛行機移動で、長時間足を動かさないと足の血流が滞り血栓が形成されやすくなります。エコノミー症候群として知られています。

<症状>

突然の呼吸困難、胸痛を生じます。

<診断>

造影胸部CTが必要です。

<治療>

抗凝固療法が主体です。