背部痛、腰痛

背部痛、腰痛の原因は多岐にわたり、脊柱疾患、大動脈疾患、内臓疾患に加えて、帯状疱疹などの皮膚疾患、肋間神経痛などがあります。

脊髄疾患では、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症などがあり、レントゲン、CT、MRI検査が必要です。見逃してならないのは、大動脈解離 大動脈瘤で、激痛で、動脈瘤では破裂すると大量出血で急死することがあります。また、内臓疾患も重要で、腎盂腎炎、尿路結石だけでなく、膵炎、膵臓癌も早期の診断、治療が望まれます。いずれにせよ大動脈も含め早期のエコー、CT検査が必要です。

背部痛、腰痛の原因は多岐にわたり、脊柱疾患、大動脈疾患、内臓疾患に加えて、帯状疱疹などの皮膚疾患、肋間神経痛などがあります。

脊髄疾患では、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症などがあり、レントゲン、CT、MRI検査が必要です。見逃してならないのは、大動脈解離 大動脈瘤で、激痛で、動脈瘤では破裂すると大量出血で急死することがあります。また、内臓疾患も重要で、腎盂腎炎、尿路結石だけでなく、膵炎、膵臓癌も早期の診断、治療が望まれます。いずれにせよ大動脈も含め早期のエコー、CT検査が必要です。

急性大動脈解離

心臓から全身に血液を送る最も太い動脈(大動脈)の血管壁が裂けて、その亀裂に血液が入りこむと、大動脈から分岐した動脈の枝の血流が途絶え、脳梗塞、心筋梗塞、消化管虚血がおこり危険な状態となります。

<症状>

突然の胸痛 背中の激痛

<診断>

頚部から骨盤までの造影CT血管検査で動脈解離の有無、範囲を調べます。

<治療>

緊急手術も考慮しなければいけません。

大動脈瘤

大動脈瘤の多くは破裂しない限り無症状です。大きくなると胸部大動脈瘤では胸痛・背部痛、腹部大動脈瘤では腹痛・背部痛が起こります。この段階で破裂の危険性が高まっており、破裂すると8090%の死亡率です。

<原因>

動脈硬化を引き起こす糖尿病、高血圧、高脂血症などがあります。

<診断>

レントゲン 造影CT検査 超音波エコー検査などを行います。

<治療>

開胸、開腹による手術

ステント治療(ステントという金属のバネを付けた人工血管を挿入する手術)を行います。

腰部脊柱管狭窄症

腰の加齢による背骨の変形のため、本来脊骨に囲まれ守られている足の神経の束(脊髄)を圧迫している状態です。

足のしびれ、痛みをおこし、歩くとこの症状が悪化し、少しは休憩すると改善します。

<検査>

腰のレントゲン MRI検査

<治療>

  1. 薬物治療で鎮痛
  2. コルセット装着
  3. 神経ブロックで鎮痛
  4. 運動療法、リハビリテーション
  5. 手術で神経圧迫を除去

尿絡結石

腎臓で作られた尿は、尿管から膀胱へと流れますが、この通路に石ができると尿絡結石で、尿管にひっかかると激痛がおこります。また、結石で尿が流れないと上流に尿がたまり、尿路感染、腎臓の機能障害をおこします。

<原因>

ショウ酸の摂取過多が原因のことが多く、ショウ酸を多く含む食品として、ほうれん草、コーヒー、コーラがあります。

<症状>

腹痛、背部痛

急性膵炎

膵液に含まれる消化酵素で膵臓自体が消化され、膵臓に急激な炎症が起こる病気

<原因>

最も多いのは飲酒、次いて十二指腸乳頭に胆石が詰まることです。

<症状>

初期は、みぞおち部分の痛みで、進行すると腹部全体の激痛がおこります。

<診断>

血液検査で膵臓分泌酸素アミラーゼ、リパーゼの上昇、炎症反応を調べます。腹部超音波、CT検査で病変の広がりを評価します。