咳、痰

咳や痰は、直接外気と接する肺に異物が入らないようにするための気管の防衛反応の1つです。原因は風邪以外に、気管支炎、肺炎があります。呼吸困難、高熱、胸痛を伴う場合はもちろんですが、痰が黄色、緑色である場合、血が混じる場合も早期に受診が必要です。咳や痰の原因は、他に、慢性閉塞性肺疾患(タバコ肺)、喘息、蓄膿症などがあります。咳や痰が2週間以上つづく場合、気管支炎、肺炎だけでなく、肺結核、肺癌なども考えられます。風邪と思い込まず、医療機関の受診をおすすめします。

肺炎

<症状>

発熱、咳、痰が一般的で風邪に似ています。重症化すると呼吸困難を生じます。高齢者では、これらの症状が目立たず意識障害や全身倦怠感が主病状のこともあります。マイコプラズマ肺炎では痰が少ない、頑固な乾いた痰が特徴です。

<診断>

血液検査

胸部レントゲン、CT検査

尿の抗体検査で、原因としてマイコプラズマ、インフルエンザ、レジオネラを同定できます。

<治療>

軽症であれば外来で抗菌剤内服を処方します。高齢者や重度例では脱水を伴うことも多く、入院して点滴注射薬も必要となります。

気管支喘息

気道粘膜の慢性的な炎症です。

<症状>

咳、痰、呼吸困難、喘鳴

<治療>

・軽度であれば気管支拡張剤を用います。

・発作が頻回となればステロイド吸入薬を用います。

慢性閉塞性肺疾患

タバコの煙などに含まれる有害物質によって、肺や抹消気管支が持続的な炎症をおこし呼吸機能が低下する病気です。

<症状>

咳、痰、息切れ(運動時の呼吸困難)がおこります。

<診断>

呼吸機能検査で、精一杯吸った息を一気に吐き出した時、初めの1秒間で何%吐き出せるのかを調べる(1秒率)が最も参考になります。

<治療>

禁煙が基本で、重症例では在宅酸素療法が必要となります。