呼吸困難

呼吸困難の原因は、心臓疾患によるものと呼吸器疾患によるものに大別されます。いずれも重篤なものが多く、酸素を十分体内に取り込む事が出来ないので内臓が酸素不足となります。特に脳は最も酸素不足に弱く、早期の酸素投与治療が必要です。心臓の代表的な疾患は心臓の働きが低下する心不全で、肺に水がたまるとさらに重篤になります。早期に利尿剤と、呼吸管理が必要です。

呼吸器疾患では、気管支喘息に代表される気管支の炎症、肺炎、肺結核、肺癌、肺に穴があく気胸などがあり、いずれも血液検査、レントゲン検査、CT、心電図を行い、早期治療が必要です。

心不全

心臓のポンプ機能が低下することで急性と慢性があります。

急性心不全

<症状>

激しい呼吸困難

胸痛

動悸

チアノーゼ、冷感

慢性心不全

<症状>

呼吸困難

昜疲労感

手足の冷感

手足のむくみ

<診断>

レントゲン

心電図

血液検査でナトリウム利尿性ペプタイド BNPの測定

心臓超音波検査

気管支喘息

気道粘膜の慢性的な炎症です。

<症状>

咳・痰、呼吸困難、喘鳴

<治療>

軽度であれば気管支拡張剤

発作が頻回となればステロイド吸入薬

肺炎

<症状>

発熱、咳、痰が一般的で風邪に似ています。重症化すると呼吸困難を生じます。高齢者では、これらの症状が目立たず意識障害や全身倦怠感が主病状のこともあります。マイコプラズマ肺炎では痰が少ない、頑固な乾いた痰が特徴です。

<診断>

血液検査

胸部レントゲン、CT検査

尿の抗体検査で、原因としてマイコプラズマ、インフルエンザ、レジオネラを同定できます。

<治療>

軽症であれば外来で抗菌剤内服を処方します。高齢者や重度例では脱水を伴うことも多く、入院して点滴注射薬も必要となります。